■ 『損得』 『敵・味方』 『善悪』 も、
DNA で説明できる








さて、これまでは、

ふきくん の 言っていた
「しあわせ」 だけに関して

『 DNA の生存本能 』 に照らして
考えてきましたが…


それだけでは、
やや不十分な気がしますから、

「それ以外の物事」 についても
検証してみましょう。





たとえば… そう。

人間さんの おっしゃる、

『 得 と 損 』、 『 味方 と 敵 』、
『 善 と 悪 』
といったものも、

『 DNA の 生存本能 』で、
説明することが可能です。





えええっ!!?

ぜ、
『 善 と 悪 』??





そんなものまで、

説明できてしまうんですか!?




仰天する ふきかみね
うなずきつつ、

トンビ紳士は、話を続けます。





はい。

簡単に言ってしまうと、
我々 生物は、

『 自分の生存確率を上げる事象や、
上げてくれる相手 』 を

「得だ」、「味方だ」、「善だ」


と 感じます。





また 逆に、

『 自分の生存確率を下げる事象、
下げてしまう相手 』 を

「損だ」、「敵だ」、「悪だ」


と 認識するわけです。






ミューラー の この発言は、

ふき には、大きなショックでした。




い、いや、いやいやいや!

いくらなんでも、
僕ら人間の 「善悪の判断」 が、

そこまで単純だなんてことは
無いでしょう?

そこまで単じゅ…




そのとき ふき は、

ネック が、自分の脇腹を
前足でポンポンと
たたいていることに気づき、

言葉が止まりました。





まあまあ、ふき

なら、1つ みんなで、
話し合ってみようよ?


本当に DNA で、

「損得」とか 「善悪」とか を
説明できるのかどうか
… をさ。






ふき は、しばらく、
ネック の顔を見つめていましたが、


少し目をつぶり、うなずいて、
その場に座りなおしました。




最初はビックリして反論した
ふき でしたが、

ネック に 言われて
少し冷静になってくると、

『本当に そうなのか、真実を知りたい』

という気持ちのほうが、
ふつふつと 湧き上がってきたからです。





    








[目次 に戻る]